長文SEOは本当に有効なのか?検索上位を狙うために必要な事について

長文SEOという言葉がはやり、「毎日5000文字書けば上位を取れる」とか「1日1万文字書けると月20万円」などさまざまなうわさが飛び交っていましたが、本当に長文を書けば検索上位に行けるのでしょうか?今回はそんな謎多き長文SEOについてお伝えしていきたいと思います。

SEOは文字数がすべてではない!

googleアルゴリズムや検索順位がもし文字数で決まっていたとすれば、上位サイトを解析すれば、わかるはずで1位だからといって文字が多く、文が長くはないと思います。

SEOでは、文字数以外の要素に関しても考えなければならず、ドメインパワーが強いサイトや被リンクパワーが強いサイトなどもあるため、それらのサイトに対して文字を長くして勝負するのは土俵が違うと私は思います。

ライバルサイトの記事に負けない記事を書くことは大切ですが、そもそもライバルサイトが「なぜその順位がついているのか?ドメインが強いのか?記事の中身が充実しているのか?」などをある程度、リサーチ、推測して勝負に挑むことは必要だと思いますよ。

長文SEOに本気で取り組むなら

長文SEOのいいところは、「関連ワードも拾うことができる」点です。

記事を書く際に長文になってしまうため、そのための下準備に時間がかかってしまいますが、他のサイトが使用していない関連ワードや共起語などを使用するため、その分googleの評価がアップする可能性があります。

もし長文の記事を書いて勝負するのであれば、「読者の検索意図や欲しい答え」はもちろんのこと「関連ワードや共起語との関係」などを徹底的にリサーチ、研究しましょう。

長文SEOはたしかにある一定の効果がある

文章が長ければ長いほどいいというわけではなく、記事タイトルに関連したワードをふんだんに使うことで関連ワードを拾うことができるため、ライバルとの差がつくかもしれません。

ただ、読者や訪問してくる人は長い文章は読みません。

自分が検索しているときを思い出してほしいのですが、検索しているときは内容とかよりも、自分が望む結論を手っ取り早く欲しいですよね。

あなたのサイトに来る人も同じで1万文字読んでから結論を読む人はほとんどいないと思います。

長文だと検索順位とかに効果があるからと構成も考えず、ただ文章を書いてしまうと骨折り損のくたびれ儲けになってしまいますよ。

 

まとめ

長文はたしかにSEOにおいて有効な場合があると思いますが、すべてのジャンル、すべてのワードで有効ではないと思います。

また、長文を書くとなるとかなり大変でリサーチしなければならないことや読まなければならない参考資料も多くなります。

長文SEOに取り組むくらいなら「そのワードで検索する人の意図」を考えてサイト設計、記事作成した方が、上位表示する可能性が高いし、広告のCVRも向上するでしょう。


PAGE TOP