WEBサイトや記事の量産は本当にアフィリエイトで稼ぐための近道なのか?

2017年8月30日

「記事を量産しないとアフィリエイトでは成功できない」

といった話がありますが、実際のところどうなのでしょうか

アフィリエイトは実際に取り組んでみないとわからないことだらけですが、(実際に取り組んでいてもわからないことだらけですが(笑))

これからはじめる人にとっては

「そんなにたくさんサイトや記事を作らないと稼げないなら面倒だしやめておこう

そんな選択もでてきそうですね!

そこで今回は「WEBサイトや記事の量産は本当にアフィリエイトで稼ぐための近道なのか?」実際に考えてみたいと思います。

 

サイトや記事の量産がアフィリエイトで稼ぐための近道な理由とは!?

まずはサイトや記事を量産することのメリットとデメリットについて考えてみたいと思います。

メリット・・・サイトが複数あるので1つから収益が出なくなってもほかのサイトでカバーできる

やはりこれが最大のメリットですね!

1つのサイトで何十万、何百万PVがあってもそのサイトがgoogleペナルティなどの理由によりアクセスが激減して収益が落ちてしまうとそれ以外に頼る方法がなくgoogleペナルティの解除を待つか新しいサイトを1から作るかの選択になってしまいます。

そういった意味では量産はリスクマネジメントができて収益を維持しやすい手法ですね!

デメリット・・・作業量が多い。外注で賄うとお金がかかる

デメリットとしてはこの辺りが一番大きいでしょうか?

記事の量産となるとどうしても自分で作るか?外注で他人にお願いするか?

自分で作るとなると作業時間や作業量が多く、大変で外注で他人に任せるとなると費用が大きくかさみます

アフィリエイトで成功するとなるとその部分をクリアできるかどうかがカギとなってくるでしょう。

 

本当にサイトを量産しないと稼げないのか?

この問いに対する私の回答は「NO」です。

1つのサイトで20記事程度でもビックキーワードで上位に食い込むことができれば間違いなく稼げるでしょう。(※CTRやCV、ユーザーへの訴求などもきちんと考える必要はありますが。)

しかし、至難の業となり、初心者にはかなり厳しいです。

少ない記事数でビックキーワードに食い込む具体的な方法としては、TwitterやfacwbookなどのSNSで拡散され話題になったり、大きなメディアで取り上げられない限り、かなり厳しいです。

それでも「記事に絶対の自信がある」のであれば、少ない記事数で勝負に出るのも戦略のひとつですね!

 

まとめ

WEBサイトや記事の量産はアフィリエイターだけでなく、WEBにかかわるすべての人の課題かもしれません。

常に「露出度を上げるためにはどうすればいいか」を考えて、あれこれ試行錯誤している業界なので、それだけ「ライバル」が多いのもまた事実です。

ライバルが多ければ多いほど露出の機会も争うことになるため、もし少数の記事でたくさんの人を集めたり、たくさんの人に見てもらいたいのであれば、やはり記事の中身で勝負するしかないでしょう。

 

こちらもおすすめ


PAGE TOP