【SEOに効果的?】中古ドメインの探し方から取得までを解説!

サテライトサイトに中古ドメインを使いたいけど、どこで探せばいいかわからない

中古ドメインってどうやって取得するの?

といった方が少なからずいるようですので、今回は中古ドメインの探し方から取得までの流れなどについて解説していきます。

中古ドメインの探し方について

中古ドメインの探し方は、大きく2つ

・無料で探す方法
・中古ドメインを専門に扱う販売サイトを利用

です。

無料で探す方法

こちらの方法について解説してしまうと長くなってしまうので別のページで解説しますが、基本的に有効期限が切れたドメインをドメインチェックができるサイトやツールなどを使って探す方法です。

取得の際はムームードメインなどの一般のドメイン取得サイトを利用して取得するため、通常のドメインを取得する料金と同じ料金で取得できます。

中古ドメインを専門に扱う販売サイトを利用する

中古ドメイン販売屋さん
https://www.topshelfequestrian.com/

このようなサイトを経由してのドメイン取得になります。

中古ドメイン販売屋さんの場合、ドメインを受け取るには
VALUE-DOMAINやULTRA-DOMAINといったところで受け取ります。

中古ドメイン販売屋さんに限った話ですが、
・バックリンクやページランク
・各SNSでの運営履歴、前はどの言語で運営されていたか
・教育機関からのバックリンクがある
・アダルトサイトで運営されていた

などわかりやすくなっているため、自分の作るサイトに合ったドメインを探しやすいです。

ただ、無料で探す場合と異なり、料金が高めになっており、だいたい3000円から高いプレミアドメインだと数万円するので資金との相談になりますね。

まとめ

中古ドメインの活用はアフィリエイトで成功する上で避けては通れないと思います。

どうしても新規ドメインだけだとなかなか評価されず、苦戦を強いられますが、中古ドメインをうまく活用することで突破口が見いだせることもあります。

「じゃあ、お金に余裕があるなら運営するサイト全部、中古ドメインでいいじゃん」

と思うかもしれませんが、万全ではないのも中古ドメインのデメリットのひとつで新規で取得するドメインよりも高いお金を出して購入してもgoogleペナルティの対象になってしまったり、サテライトサイトとして運用し、バックリンクをかけたところ、メインサイトもペナルティを頂戴してしまった。なんて話も聞きます。

ですが、たしかに中古ドメインで運営しているサイトは順位の上がり方などを見ても新規ドメインより良い感じがしますので、手っ取り早く順位を上げたい人は中古ドメインでの運用も検討してみましょう。


PAGE TOP