ジャンクインフォメーションの影響と作業効率化について

アフィリエイトで記事を作成する際に多くの資料や情報を見たり、読んだりすると思いますが、なぜか考えがまとまらないと手が止まったりすることがありませんか?

その原因はもしかすると「ジャンクインフォメーション」の影響を受けているかもしれません。

今回はジャンクインフォメーションの影響と作業効率化についてお伝えしていきたいと思います。

ジャンクインフォメーションとは何か?

ネットニュースやまとめ記事などあまり価値がなかったり、内容がない情報のことをジャンクインフォメーションというようです。

ネットサーフィンなどをしている最中にあまり価値のない情報を必要以上に詰め込んでしまうと情報メタボになり、頭がパンクしてしまいます。

定期的にネットなどの情報から離れることで情報を整理し、必要のない情報を片付けましょう。

アフィリエイトにおけるジャンクインフォメーションとの接し方

アフィリエイトの記事作成において邪魔な情報が多すぎて取捨選択で疲れてしまい、手が止まるといった場合、必要のない情報ばかり集めている可能性があります。

この場合、記事を書く際に決めた記事の「目的」や「ゴール」、記事の構成などに近い情報かどうかで収集した情報のスリム化を図ることができます。

様々情報に触れてしまうと「あれも書かないといけない」とか「この情報は切らないといけない」と考えがちですが、それは記事を公開してある一定の期間が経過した後にリライトという形で修正していけば問題ありません。

まずは、記事の内容やゴールから大きく外れていない内容を公開することを念頭に置いて記事作成を進めましょう。

情報に埋もれてしまわないために

よりよい記事を書こうとかこの情報を入れると読者にもっと役に立つだろうなど考えながら記事を書くことは素晴らしいことですし、googleにとってもいいことだと思います。

ですが、それをしすぎて記事完成の前に疲れてしまっては元も子もありません。

また、たくさんの情報収集をしたが、その選別で疲れるなんてこともあります。

情報が多すぎて埋もれてしまいそうな人は、まずは何を書きたいのかをきちんと考えて構成を作り、それに沿った必要な情報のみを集めて記事を書くことをおすすめします。

まとめ

ジャンクインフォメーションとは、ある人にとっては役に立つ、価値のある情報の場合もありますので、一概にこの情報がジャンクだということはできないです。

アフィリエイトにおいては特に人によって書きたい事、書こうとしていことは日々、変化しており、書くために必要な情報も変化しています。

あなたが表現したいことをきちんと定めないと記事作成で疲れてしまい、挫折につながります。

まずは1つ1つ決めて一歩ずつでも前に進めましょう。


PAGE TOP