【画像でサイトをもっと魅力的に】おすすめ画像編集ソフトを紹介!

ネットサーフィンしていると読みやすい記事を書いているサイトは画像の配置や画像自体が記事の内容とマッチしていて読みやすかったりします。

扱うジャンルによっては画像が邪魔になったりしますが、サイトで画像を使用している人や使用したいと考えている人

今回はおすすめ画像編集ソフトについてお伝えしていきたいと思います。

バナー画像ひとつでCTRやCVR、滞在時間が変わってくる

広告だけでなく、文章の合間に画像を挟むことで読者に一呼吸おいてもらって最後まで読んでもらえるように配慮したり、ヘッダー画像で記事に興味を持ってもらったりとアフィリエイトサイトにおいて画像の役割はかなり重要です。

とはいっても、記事に注力しないと検索順位は上がりませんし、画像で人を集めるわけではないので短時間で編集ができる使いやすい編集ソフトというものが求められています。

一番のオススメはバナープラス

バナープラス:https://rider-store.jp/banner-plus

起動が早く、簡単操作でバナー画像が作れる画像編集ソフトです。

potoshopなどでも画像を作ることは可能ですが、操作が複雑で初心者が扱うには大変ですが、バナープラスであれば、操作がかなりわかりやすく、文字なども最初からいくつかテンプレートがあるため、直観的に選ぶことができます。

トップアフィリエイターでも愛用している人も多いため、ぜひおすすめですね。

Photoshop CC

Photoshop CC:https://www.adobe.com/jp/products/photoshop.html

画像編集ならadobeのフォトショというくらいアフィリエイトをやっていなくても有名な画像編集ソフトですね。

昔は高かった気がしますが、今はCreative Cloudフォトプランなら月額980円で利用できるため、フォトショを使える人、昔使っていた人はフォトショの利用の方がいいかもしれません。

本格的な画像を使いたいという人は絶対にフォトショでしょうね。

無料で利用できるGIMP

GIMPは無料で利用できるフリーの画像編集ソフトです。

機能的にもフォトショと同等レベルなため、GIMPを使ってお金を稼げたらフォトショといった流れの人も多いようです。

ただ今ではフォトショが月1000円で利用できることを考えるとGIMPを使うなら最初からフォトショを利用した方がいいのかもしれませんね。

まとめ

まだまだ他にも画像編集ソフトは存在していて中には「俺はwindowsのペイントで頑張る」といった人も知り合いにいました。

CTRやCVRの向上には画像は欠かせない要素のひとつですが、画像に時間をかけすぎて記事が書けないとなっては元も子もないので画像編集以外の作業を見つつ、使いやすいソフトを選択しましょう。


PAGE TOP