アフィリエイトで不労所得を得るためにどうすればいいのか?

この記事のテーマ

このページでは

・アフィリエイトで売り上げを出すにはどんな形であれ運営し続ける必要がある

・アフィリエイトは不労所得を生み出すビジネスなのか?

・アフィリエイトのみでセミリタイアは可能か?

についてお伝えしていきます。

アフィリエイトで売り上げを出すにはどんな形であれ運営し続ける必要がある

アフィリエイトと切っても切れない関係にあるのがgoogleアルゴリズムといった検索結果に影響するアルゴリズムです。

現在、とある検索ワードで1位でたくさんの人があなたのサイトに集まって来てくれていたとしてもある日突然、googleアルゴリズムの更新により順位が一気に落ちてしまうと読者は集まらなくなる可能性があります。 そうならないようにするのが「日々の運営」だと思います。

記事の追加やすでにリリース済みの記事の更新、修正などを行うことで「このサイトは生きてますよ」とgoogleにアピールする必要があります。

この日々の運営を自動で(自分がいなくても大丈夫)できることがアフィリエイトで不労所得を得る最大の課題だと思います。

 

アフィリエイトは不労所得を生み出すビジネスなのか?

アフィリエイトビジネスは、究極まで行くと自分が何もしなくても稼げるシステムを作れます。

これは、実際に組織化してそれぞれに役割分担すれば問題ないでしょう。

ですが、最初からそのように組織化したり、外注ですべてをまかなえる人は相当なお金を投資して回収できると確信している人くらいでしょう。

アフィリエイトで現在、組織化している人の多くは、まず自分でサイトを立ち上げ、記事を更新し続けた結果、組織化して自分の負担を減らすといったパターンだと思います。

では、アフィリエイトは不労所得を生み出してくれるのか?

私の個人的な意見としては、よっぽど優秀な人材を集めてくることに成功すれば可能だと思います。

実際、WEBの会社ではアフィリエイト事業部やWEBメディア事業部といったような事業部にして自分は関わらない人もいたりします。

 

アフィリエイトのみでセミリタイアは可能か?

結論から言うと厳しいと思います。 セミリタイアに必要な額がいくらかわかりませんが、数千万から数億は必要ではないでしょうか?

そうなった場合、2017年現在、アフィリエイトのみで数千万円を稼げるのか?と考えるとちょっと厳しいような気がします。
※もしかすると稼いでいる人いるかもしれませんが・・・

もしアフィリエイトで数千万円を稼ぐとしたら今まで誰もしていなかったことや考えつかない事をアフィリエイトで実行するくらいでしょうか?
※ひと昔前のLINEのようなまったく新しい市場を作るといったことだと思います。LINEはアフィリエイトとはあまり関係ありませんが・・・

とある本で時代は螺旋階段のようになっていてひと昔前に流行ったものがバージョンアップしてまた流行るといった内容のことが書かれているビジネス書を読んだことがあります。

例えば、固定電話が移動できるようになったのが現在の携帯電話やスマホ、手紙はメールに、といったような感じです。 もしかするとひと昔前に流行った何かにヒントがあるかもしれませんね。

 


PAGE TOP