アフィリエイトでアクセスが伸びないサイトの共通点とは!?

この記事のテーマ

このページでは

・アフィリエイトでアクセスが伸びない原因

についてお伝えしていきます。




キーワード選定がうまくいっていない

アクセスが伸びない原因の一つとして「キーワード選定」に失敗している場合があります。

自分の知っていることだけや興味のあることだけを書いていてもなかなか検索結果で上位表示はされにくいです。

自分の興味のあることを書くことがダメということではなく、網羅性の部分を意識してサイトを作り上げていかないとgoogleからの評価はもらえないということです。

興味のあることに関連することを別の視点(ライバルサイトはどんなこと書いているのか)からも研究して記事に反映してみましょう。

アフィリエイト成功者が語る「ずらしキーワード」とは!?

アフィリエイトでロングテールキーワードを狙う手法について

 

オリジナル要素が少ない、あるいはまったくない

ユーザーにとって役に立つ内容の記事はもちろん読まれると思いますが、それと同じくらい大切なことが「オリジナル要素」です。

読んでいてなんかどこにでもありそうな記事はアクセスが増えにくく、印象も薄くなってしまいます。

せっかくたくさんリサーチして頭をひねって作った記事だからこそちょっとだけオリジナルな文章にしてみませんか?

そのちょっとした努力をgoogleはちゃんと見てくれると思いますよ。

 

1記事あたりの文字数が少ない

長文の方が評価されるといったことはありませんが、あまりにも文字数が少ないと低品質ペナルティを頂戴してしまう場合があります。

決まった文字数はありませんが、感覚でいうと「1000文字以下」はけっこう危険です。

というのも1000文字以下だと自分で一生懸命考えて書いた文章でもネット上ですでにそんざいしていたり、似ている文章がある確率が高いです。

そうなってくるとアクセスどころかインデックスすらされているのか怪しくなってきますね。

1記事あたりの文字数は扱うテーマによって変わってくるので何文字くらいがいいといったことは言えませんが、きちんと構成や何を伝えるのかを考えれば1000文字くらいは超えられるでしょう。

アフィリエイトのタイトルや1記事あたりの文字数はどのくらいがベストか?

 

失敗パターンから学べる事はたくさんある

人間は誰でも失敗より成功の方が注目します。

なんか華があるし、なにより輝いて見えてきますよね。

でも、失敗に注目することの方が成功の何百倍いろいろなことが見えてくるんです。

これはアフィリエイトに限った話ではなく、経営から人生、恋愛などなどすべてにおいてどうしてそういう結果になったのか?何がダメだったのか?をきちんと考えれば(真因追及)成功につながるから失敗に注目すべきなのです。

ここで挙げたアクセスが集まらない理由はほんの一例にすぎません。

ですので、今、あなたのサイトを見て、アクセスがきていないのであればなぜアクセスが集まらないのか?をあなた自身で研究してみましょう。





PAGE TOP