Google AdSense(グーグルアドセンス)でやってはいけない事とは!?

物販アフィリエイトとは異なるアフィリエイトの形態をとっているのがAdSense(アドセンス)などのクリック報酬型アフィリエイトと言われるものです。

実は、このGoogleが運営しているクリック報酬型の広告「Google AdSense(グーグルアドセンス)」は、利用規約が厳しく、やってはいけないことをしておかないとアカウント停止や凍結などの警告を受けてしまいます。

今回はGoogle AdSense(グーグルアドセンス)でやってはいけないことについてお伝えしたいと思います。

正しく利用してアフィリエイト報酬を増やしましょう。

Google AdSense(グーグルアドセンス)で不正とみなされる可能性のある行為について

自分のサイトに掲載しているGoogleアドセンス広告を自分でクリック

Google AdSense(グーグルアドセンス)は物販アフィリエイトと異なり、1クリックが報酬になります。

「だったら自分でクリックすればお金が稼げるじゃん」安易な行動は絶対に避けましょう。

あくまで自分のサイトなどに広告を掲載し、読者に紹介する目的でgoogleは広告を運営しているので自分の広告を自分でクリックすることは禁止されています。

記事を更新してそのチェックの際に誤って広告をクリックしてしまうなど数回なら問題ありませんが、何度も故意にクリックした場合、アカウント停止などの措置が取られるので絶対にやめましょう。

また、偶発的であろうと故意であろうと自分のアドセンスの広告をクリックしても報酬は発生しても確定はしないのでやめておいた方が無難です。
※自分のgoogleアカウントでログインした端末だとどうやら自分でクリックしたと認識されるみたいです。正確な事はわかりませんが・・・

・アドセンス広告へのクリックを誘導する行為も禁止

物販アフィリエイトなどでは「公式サイトはこちら」などバナーの上に記載したりしてCTRの向上を狙うことがありますが、アドセンスの広告では一切禁止されています。

また、知人にクリックを頼んだりしてクリックしてもらうのも禁止されています。

・誤クリックを誘発するような配置も禁止

昔多かったのですが、記事内のリンクの上や近くに広告を設置したりして操作ミスによる誤クリック、誤タップを誘発するような広告の配置も禁止されています。

あくまで読者がアドセンスの広告を見て、自然にクリックしてもらうのが正しい広告運用なのでそれを逸脱するものはグーグルとしては認められないということだと思います。

アドセンスを掲載できない禁止コンテンツへの広告の掲載

アドセンスには禁止コンテンツが定められており、その禁止コンテンツに広告を掲載するとポリシー違反とみなされてコンテンツの修正を求められることがあります。

禁止コンテンツとしては、
・ヌード・ポルノ
・性的欲求を刺激するコンテンツ
・フェチ・性的補助
・国際結婚斡旋・エスコートサービス・性的デートサイト
・露骨な性描写・過激表現
・性的な助言・性機能向上
・ハッキングやクラッキングに関連するコンテンツ
・アルコールやたばこに関連したコンテンツ
・ギャンブル系コンテンツ
・著作権を侵害しているコンテンツ
・中傷的・差別的なコンテンツ
・暴力的・残虐的なコンテンツ
・危険ドラッグ・薬物を取り扱うコンテンツ

などが定められているのでこれらを扱う場合、あるいは近い内容を扱う場合は注意しましょう。

また、アドセンスのポリシー違反の警告を放置してるとアカウント停止になったり、アカウントそのものの凍結などにもつながるようなのでできるだけ早く対応しましょう。

まとめ

Google AdSense(グーグルアドセンス)でのやってはいけないことやアドセンスの掲載を禁止しているコンテンツについてみていきました。

アドセンスは手軽に広告コードを設置できる上、分析などもしやすいため、どんどん掲載してしまうのですが、アドセンスの方針やガイドラインから外れていないかも掲載時にチェックしましょう。


PAGE TOP